FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷちこもり④「アリス・イン・ワンダーランド」

突発的週末DVD祭り、更新第4弾。(最終回)


「アリス・イン・ワンダーランド」


このDVDさ、題名の上にDisneyって書いてあって、そのさらに上にジョニーデップって書いてあるのね。

ジョニーはDisneyを超えた!!みたいなね。

アリス役じゃないのに。(笑)
と思って見始めたんだけど。


ごめん、存在感凄かった。


マッドハッターってちょっとおかしいところがあるけど、自分の信念を持って、それを貫ける人物なんだよね。
アリスを白の女王のもとへ行かせるために、自分が身代わりに捕まっちゃうくらい。
おかしいってのはアリス含め登場人物全員だけどさ。
子どもと大人の間でさまようアリスよりはずっと大人で、導く役割を持ってる。
優れた人は、ちょっと変なんだもんね。くくく。

アリスの顔つきがだんだん変わっていくのがいい。
最初は逃げまくってたのに(ワンダーランドに来る前から・・・)、
身代わりになったマッドハッターを助けに行ったあたりから逞しくなる。
「これは夢」って何回も口に出してるけど、自分でどんどん行動するようになって。
白の戦士を決める場面でも一度逃げ出してしまうけど、ちゃんと決断して戻ってくる。
甲冑を着てバンダースナッチに跨るアリスの瞳はとても力強い。

しかも最終的にはアリス、首はねちゃうし。
赤の女王は作中で散々「首をはねよ!!」って叫ぶけど、実際に映像の中で首をはねられたのはジャバウォックだけだったね。
それだけクライマックスが強調されるわけではあるんだけど、やっぱり衝撃的で、思わず「あぁっ!」って小さく叫んでしまった。

もう迷っていたアリスじゃない。
剣を振り下ろした瞬間、子供時代と決別したんだね。





この映画はアリスの内面的な成長にテーマが絞られてるから、見やすかった。
しかも舞台はアリスの内側にある世界だし。
芋虫のアブソレムなんて、アリスの状態を体現しちゃってるもんね。
初めのアリスの頃は幼虫、終わりの頃はさなぎ、そして現実に戻って自分の道を歩むときには立派な蝶に変化していて。なんてわかりやすい設定。
なんといってもハッピーエンドだし、最後の1本としてはよいチョイスだったと思います。

ところで、登場人物の変さで一番衝撃的なのは白の女王でした。
あんな完璧な美人なのに、縮み薬にあんなものやこんなもの入れて。
戦わなくちゃいけないってのに「私は殺生はしません」とか、それどころじゃないでしょアンタ!
突っ込みどころいっぱい。
あの手の動き、妙にツボなんですけど。


さぁて。
金曜のハリーポッター含めてこの週末は映画を5本見てしまいました。
私にしちゃすごい記録です。
映画自体、そんなに観ないのですよ。
外国の俳優なんてほとんど知らないもん。
役名と俳優の名前も結びついてないし。

んー。雑談に参加できるくらいには、観といたほうがいいんだろなぁ。
観たいものもまだいくつかあるし、有名どころをあたってみよう。


突発的週末DVD祭り、これにて終了です!
うぅ、おなかいっぱいだぁ(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Secre

プロフィール

瑚葉

Author:瑚葉
T県民からS県民へ。
会社員・女性・一人暮らし。
ほんわかすること、探してます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

読書カレンダー本棚ミニ

Powered By ソーシャルライブラリー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。